東日本大震災の教訓を受けて、緊急に芦屋市が取り組むべきこと。

津波対策
 3月11日に発生したM9.0の大地震は、津波による被害が甚大でした。もしも南海地震(和歌山県、高知県沖を震源)が発生した場合、芦屋市を津波から守れるのでしょうか。
 それには沖合3kmにある西宮防波堤の改良が必要です。
 
西宮防波堤の西側延伸、
堤の高さ増設
 全長4,433mと国内2番目の長さですが、芦屋沖にはフェリー航行のためスッポリ空間があります。西側へ約300m延伸して空間を狭めることで、波の侵入を緩衝できます。

高さは約4mありますが、私が視察した印象では満潮時は4m未満しかありません。堤の高さを2m以上カサ上げする必要を感じました。
   
防潮堤の劣化点検、
堀切川水門の稼働点検の徹底を
 防潮堤のコンクリートは塩分と強風で劣化しやすいため、適宜点検と改修が必要です。また、大東町にある堀切川水門(高さ3.1m、鋼製ローラーゲート式)の緊急時における動作チェックを確実にしておくことも重要です。
 
尼崎西宮芦屋港の問題点
 尼崎西宮芦屋港の沖合には常時50〜100の船隻が停留しており、係留船隻を含めると西宮防波堤の内側には約1,000隻の船やヨットがあることになります。ここに防波堤を超える波が押し寄せるなら、船は巨大な鉄の塊となって沿岸部の住宅地を襲うでしょう。

 私は以前、「南海・東南海地震の津波は、紀淡海峡や防波堤があるから大丈夫」と考えていました。東日本大震災を機に、津波防災への既成概念を改める必要を感じています。
 
長周期地震動への備え
長周期地震動とは
 1回の揺れが2秒以上の「ゆっくりとした揺れ」で、高層の建造物ほど大きな被害が出るとされています。2004年10月の新潟県中越地震では、震源から200キロ近く離れた六本木ヒルズのエレベーターに損傷が見られました。問題は、超高層建築物の固有振動と長周期地震動が一致しやすく、甚大な被害が想定されることです。

 国土交通省によると、長周期地震動は「東京、大阪、名古屋のように堆積層の厚い平野部などで大きな影響が出やすい」としており、埋立地では想定以上の被害が懸念されます。
芦屋浜シーサイド高層区の再生策を講じること
シーサイド高層区は
耐震策以外にも
次のような難問があります。
シーサイド高層区
 私が本件を初めて取り上げたのは、平成18年12月の芦屋市議会本会議でした。南海・東南海地震は学説上、2030年までに80〜90%の確率で発生すると予測され、芦屋市では震度5以上、4〜6秒周期の動きが想定され、シーサイド高層区への被害が懸念されます。

 有名な防災学者である河田惠昭 関西大教授も埋立地にある昭和56年以前の高層建造物(芦屋浜、ポーアイ、大阪南港など)は要注意だと指摘しています。河田教授は大阪府庁の南港移転についても「防災上の欠点が多く、移転はやめるべき」との見解を示しました。
・バリアフリー化(各階停止のEVは非現実的)
・熱エネルギーの高コスト(1世帯平均1万円
強の負担)
・殺風景な景観
・広域な電波障害
・建物の傾き(一部の棟のみ)

これらは35年以上前に開発の青写真を描いた
兵庫県が責任を持って再生策を検討すべきであり、
地元自治体の芦屋市も具体的なビジョンを持つべきであることを私は訴えます。

 子育てしたくなる街へ

子育て支援策
 最近、同年代のお母さん方から中学に進学する前に「芦屋から転居したい」という声を耳にします。それは、次に掲げる政策において近隣市より大きく遅れているからです。
  中学校の給食  
高コストだが・・・
中学校各校に給食調理施設の設置
 コストが問題なら・・・ センター方式。学校園を1箇所廃止して、給食センターを設置して全校に配送(西宮市と同様)
 
子ども医療費の無料化拡充
 ていますが、入院費は近隣市に比べ断トツに行政サービスが悪いのが実態。何でも他市に迎合する必要はなく、独自性も大事ですが、少子高齢化の時代にあってこの格差は見過ごすことが出来ません。
 
徹底した自助努力で予算の捻出を
 現在2歳までの医療費無料化の対象年齢を西宮市並みに引き上げるのは困難でしょう。まずは入院・通院共に9歳(小3)までを目標に、財政的な裏付けを示しつつ粘り強く提案し続けます。

 芦屋市は危機的な財政状況を回避するため、平成15年に『行財政計画実施計画』に取組みましたが、起債制限比率25%ラインを回避したためか、行革への努力が停滞している印象を受けます。高額な人件費を抑制するような自助努力で予算を作り、行政サービス向上に一層努力すべきです。
 

 動物との共生も考えよう

愛犬家の多い芦屋に
ドッグランの設置を
 高級住宅地として知られる我が芦屋市ですが、それに比例するように犬の飼育率も高く、高級犬が多いのも事実です。しかし、大事な家族の一員であるワンちゃん達の居場所が少ないのも飼い主の悩みです。「外で思いっきり走らせてあげたい」、そんな市民の願いに応えるために議会で初めて提案したのがドッグランの設置です。

 最近は行政側でドッグランを設置するケースも多く、首都圏では国や東京都、市で管理する公園に設置され始めています。私はこれまでに全国各地の公設ドッグランを視察してきました。以下は私の感想です。
ドッグランの視察で良かったこと
 ・犬がイキイキとしている。他の犬とのコミュニケーションの場になる。
・意外に臭いが無い。飼い主も人目を気にするため、どこも衛生的だった。
・しつけがし易い。スペースにゆとりがあり、しつけや教育の場に最適。
 
ドッグランの視察で課題に感じたこと
・吠え声が大きいので住宅地に隣接できない。
嬉しくてはしゃぎ回るので、いつも以上に吠えるようだ。
・広さが必要。芦屋は大型犬の飼育率が高く、小さなドッグランにすると
逆に不満が噴出しそう。最低でも2,000〜3,000m2は必要。
・管理者が必要になる。行政側で設置したドッグランには、
必ず愛護団体やNPOなどの管理者がいた。
 
平成19年6月議会の芦屋市への質問
 ドッグランの設置を検討したことはあるのか。設置しようとした場合、課題としてどんな要素があると考えられるか。例えば、南芦屋浜の総合公園やフリーゾーンに設置できないか?


芦屋市の答弁
 設置の検討は様々な問題が想定されるのでしていない。犬の放し飼い、
フンの放置、鳴き声等の苦情が多く、市街地の公園では非常に困難である。したがって、総合公園に設置はできない。
 
犬の飼い方への苦情が多いから必要なんです!
 市からはやる気の無い答弁が返ってくるばかりでガッカリしました。しかし、放し飼いの苦情があるから、自由に放せる場所が必要です。犬が必要以上に吠えるのは、運動不足からくるストレスの影響もあります。 私が見たドッグランは、どこも清潔でした。愛犬家が集う場所であるゆえに、高いモラルが保たれ、飼い主も人目を気にしてフンの始末はしっかりするようです。
 以前のやり取りでは前向きな回答が得られませんでしたが、市民からの願いがある以上、もっとドッグランの研究をして良い打開策が見出せるよう努力します。
ドッグラン
 
神戸第一学区の受入れ人数を確保して、
開門率の維持に努めます。
 神戸との学区統合、市立芦屋高校の廃校、県立芦屋高校が全県区となったため、 高校の受験競争が厳しくなっています。学区全体の受入数を維持して、 公立高校を望むほとんどの生徒が進学できるよう配慮します。
 
教員の交流人事を促進して、
学校現場の活性化を目指します。
 小学校8校、中学校3校しかないため、教員人事が硬直化しやすい芦屋市ですが、 阪神間他市との交流だけでなく、私立校との交流人事も視野に入れ、 新しい息吹を取り入れることで教育現場の活性化を目指します。
   
少人数学級(30人程度)の対象学年を拡げ
目の行き届く教育を。
 芦屋市の全体児童数は、2011年頃まで増加することが予測されています。 ピーク後をめどに、現在小学校低学年のみが対象となる少人数学級を、 地域の児童数とバランスを考えながら、随時進めていきたいと考えます。
 
喫煙防止教育を徹底させて、
子ども達をタバコから守ります。
 学校園での敷地内全面禁煙に続き、「喫煙習慣が人体に及ぼす影響、 受動喫煙が他人にどれだけ迷惑行為となるか」の指導を一層徹底させて、 芦屋の子どもたちがタバコを吸わない青年に成長するようサポートします。
 
小中学校教室の冷房化で、
夏季学習の能率アップを!
 夏季の教室は室温30℃以上、湿度80%を超え、学習環境は劣悪です。 自然の暑さに耐えることも大切な学習ですが、昔とは暑さのレベルが違います。 暑さでボーッとした状態で、能率の高い学習ができるでしょうか? 文科省も「2013年までに全教室を冷房化」したいとの指針を示し、 既に宝塚市では全教室の冷房化に着手しています。 (精道小・宮川小では公害対策のため導入済み)
   
芦屋浜高層住宅の再生策を、兵庫県と
芦屋市で協議を始めるよう促します。
 東南海・南海沖地震で発生する大きな横揺れは、高層住宅に甚大な被害を及ぼします。 また、バリアフリー化も早急に取組むべき課題です。 30年前の開発主体である県との協議の場を求め、あるべき姿を早期に見出すよう促します。
 
「団塊世代」が定年後も
活躍できる居場所づくりを。
 団塊世代がこれまでの経験やノウハウを活かして地域で活躍できるよう、 市民活動の情報の一元化、市民活動インターン制度を推進します。 また、市役所業務の一部を市民有志に委託する行政パートナー制度を推進します。
 
「議員定数の削減」で
プロ意識の高い少数精鋭の議会に!
  行政に対して政策提案もせず、 市民の意見を代弁すらしない議員に払う報酬は税金の無駄使いです。 改選毎に段階的な削減を実施して、将来的に16人程度のコンパクトな議会運営を実現するよう努力します。 当面は、定数20を目指します。
 
南芦屋浜地区に信号の早期設置と、
バス路線の充実を促進します。
 住民から要望の多い「南芦屋浜中央バス停」付近に信号機を設置するよう、 公安委員会や警察に働きかけます。 また、「バス便数の増便」と「南浜町経由のバス路線」を実現できるよう、阪急バスと交渉していきます。
 
市民で構成される
各種委員の性別比率を5:5に。
 民生委員、教育委員、人権擁護委員など市民から選出される委員の構成比率を、 5:5の比率に近づけるよう働きかけます。例えば、民生委員には男性の参加を、 都市計画審議会や市議会議員には女性の参加が増えるよう働きかけます。
 
民間活力の導入はコストだけでなく
ノウハウを活かす方向性で。
  指定管理者制度で民間委託業務が増えた芦屋市ですが、 経費削減のみに囚われる傾向があります。 民間企業が蓄積したノウハウが反映される委託方法を促し、 コスト+サービスの両立が図れるよう提案します。
 
       
公務員の厚遇を是正し、
成果主義の導入を目指します。
 民間企業の感覚では理解に苦しむ「特殊勤務手当」等の支給のあり方を是正するよう提案します。 また、信賞必罰があいまいな公務員の人事評価制度を見直し、能力に応じた昇進と給与体系の確立を促進します。
自主防災活動を
実務的なものとするため、訓練の充実を。
  各地で自主防災訓練が実施されていますが、非常事態において機能するかは疑問です。 火災時の消火活動、水害時の土嚢積みなど、実践的な訓練を重点に置き、 また市民と消防関係者との連携を一層強めていきます。
上宮川交差点の改良で、
宮川線の交通渋滞解消を図ります。
 国道2号線の東行きと、市道宮川線の南北交通における慢性的な渋滞を解消するため、 上宮川交差点を十字型交差点に改良するよう、兵庫県と芦屋市に要求していきます。
 
バス停への防犯灯設置を推進します。
 夜間のバス停について「時刻表が見えない」、 「暗い中で待っている時間が怖い」などの声が寄せられています。 市道にあるバス停のうち、必要度に応じて随時、防犯灯の設置を推進して治安維持に努めます。
 
病児・病後児保育施設の
整備を推進します。
 保育所にお子さんを預ける働く母親にとって、急な発熱や病み上がり時期の対応は大変です。 2009年までに設置を目指す芦屋市ですが、医師の確保、 設置場所等の課題で滞ることがないよう前向きな提案をしていきます。
 
阪神芦屋駅の
バリアフリー化を促進します。
 市内の駅で唯一、エレベーター未設置なのが阪神芦屋駅です。 2009年から始まる近鉄との相互乗入れに伴い、駅舎の改良が予定されていますが、 併せてバリアフリー化を推進するよう阪神電鉄や芦屋市に訴えます。
保育所待機児童を減らして、
働くお母さんをサポート!
 近年、芦屋市では待機児童が100人を超える状態が続いています。 保育所定員の弾力的運用や、幼稚園との一元化施設、民間保育所の誘致など、 お母さんが安心して働ける環境の整備を推進していきます。